テーマ:

「海の色に染まるギリシャのワイン」て、どんな色?

 パンチが効いていて、それでいて透き通るような髙橋真梨子の「桃色吐息」「五番街のマリーへ」などのベストヒットを聞きながら遅めの土曜日の朝食。  「海の色に染まるギリシャのワイン・・・」て、どんなワインだろう、などと野暮な想像をしながら軽快な音を楽しむ。  けさはジャガイモを輪切りにしてキャベツやニンジンなど他の温野菜と一緒に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術成功の自分へのお祝いに「とらやの羊羹」買った!

 創業は室町時代の後期と言うから想像もつかない。とらやの羊羹でお馴染みの「虎屋」(本店・東京赤坂)である。  年表によると、後陽成天皇のころから「御所の御用を承る」とあるから半端ではない。  いきなりこんな話がなぜ飛び出したかと言うと、とらやの羊羹が私の目に入ったのだ。  白内障の手術をして頭を洗えなかった。水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「お代わり」といきたいところを「グッ」とガマン!

 10月8日の「寒露」を過ぎたのだから、肌寒いのは当り前だろうが、13日の東京地方は朝から小雨が降って、とても寒かった。前の日が暑かったので一層、寒さが身に染みた。長袖にジャケットを羽織っても、まだ寒かった。  二十四節気の暦によると、「寒露」とは草木に冷たい露が降りる季節のことで、秋の長雨が終わり、一段と秋が深まる。北の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東大病院の15階にあるレストランは上野精養軒の経営!

 4日に手術した白内障の経過診断のため、5日午前11時に病院に行くはずだったが、大失敗をやってしまった。地下鉄の中に大事なリュックを忘れた。間抜けな話だ。    「本郷三丁目」のアナウンスで慌てて飛び起き、今まさに閉まろうとしたドアの隙間からホームに逃走した。5分ほど歩いて、肩に手をかけてリュックを背負っていないことに気付い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

納豆があれば100点だが、残念ながら今朝は80点!

 月が替わった10月1日は、台風16号の接近で通院も中止するほどだったが、けさはカラっと晴れ渡り、秋晴れの日曜日。  新潟の友人から届いた新米がおいしくて、朝食は珍しく和食にした。  炊き立ての新米に焼きのりを乗せてパリッと一口。美味いのなんのって言葉で尽くせない。  チリメンジャコはカルシウムの補給に欠かせな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルコール消毒液で手の皮膚はガサガサのガバガバ!

 写真のような川沿いの遊歩道を約30分、歩いて週1回のスポーツセンター通い。往復で1時間だからこれだけでも、いい運動だ。  センターでは運動器具を使うたびに、各人がアルコール消毒液を吹き付けた紙で拭く。  市から委託を受けた東京ドームの関連会社が管理しているが「最安値のアルコール液」を使っているらしくて、手荒れがひど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

焼きのりに、ナメコの赤出し、チリメンジャコに!

 実りの秋の到来。  今年も収穫したての新潟・魚沼産の新米が夕べ、宅急便で親友から届いた。  さっそく昼ごはんに焚いていただいた。  美味いご飯には余計なものはいらない。  焼きのりに、ナメコの赤出し。チリメンジャコにキュウリとわかめの酢の物。これだけあれば十分。  食欲の秋。味覚の秋。秋の季節はた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も親友から美味しい新潟「魚沼産新米」が届いた!

新米が届いた!  9月28日午後6時2分、大学時代の親友から今年も新潟・魚沼産の新米が届いた。5キロが3袋。  彼の親戚が、自分の家族や兄弟のために作っている限定版の貴重な米である。有り難い限り。  この米を食べたら市販の魚沼産でもかなわない。コメは炊いて、冷や飯になった時に価値が分かる。この米は抜群にウマイ!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんがり焼けた「食パンに納豆」が合う、いい感じ!

 けさは野菜たっぷりの生野菜。キャベツの千切りをはじめ、ピーマン、ニンジン、タマネギ、レタス。そこに大葉、つまり香り豊かな「しその葉」を刻んで乗せた。  横のカップは裏越ししたまろやかな冷コーンスープ。パンに納豆が合うと聞いてから時々、こんがり焼けた食パンに盛って食べている。  これがなかなかいける。バターやママレー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たった今、炊き上がったばかりのホカホカの晩ご飯!

 素直に今日は寒い。9月25日。きのうまでの半そで半ズボンでは寒くて外を歩けない。長袖のスポ-ツシャツにジーンズに着替えた。  急におでんが頭に浮かんだ。人間は面白いもので寒い時にはあったかいものが自然に食べたくなるようだ。そんなわけで今夜はおでん。  おでんには日本酒が相性がいい。冷やでいいから一杯、やりたいところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝から晩まで考えていることは「めし」のことばかり!

 私から言わせるといい形で腎臓病のネフローゼとの戦いを進めている。1日最大6グラムの塩分制限を守りながら、自分なりに工夫して食事をしている。  こようの昼は季節の栗ご飯に、めざしを3本。ふだんは醤油をかけるが今回は無しだ。横の小皿は塩で軽くもんだナス。もちろん塩は水できれいに流し洗い落とした。  醤油2、酢8の割合で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩めしの小鉢は瀬戸内で獲れた好物のチリメンジャコ!

 夕べは精進料理?だ。エビが付いているのはお愛嬌。高野豆腐の後で、エビと東京ネギをサッと煮た。高野豆腐がやや硬かった。次に買う時は別の銘柄を選ぼう。  器にちょこっと盛ってあるのは撮影用。実際はこの3バイ食べた。  小鉢は瀬戸内で獲れたチリメンジャコ。カルシウムがあって身体にいい。塩分控えめで沢庵は3切れ。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザル2枚平らげたが物足りなくて食パン1枚追加!

 きのうの、晩秋のような陽気から今日は一転して真夏の暑さ。気温は午前中に30度を超えたのではないか? とにかく暑い。これでは食欲も減退だ。  冷たいそばに決めた。「冷水麺」のそばを買ってきて、氷水でサッとほぐしてザルに上げた。本塗りのお盆に竹のザル。こう言うものを取り揃えている。料理は味で食べさせ、見て食べさせる、ってのが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あたしは昔っから雪印党!今朝も元気だヨーグルト!

予報では太陽のマークがついていたが、9月19日の日曜日の東京地方は「台風一過」とはならず、朝から曇り空。 こんな時は元気が一番と朝食用の野菜は久しぶりにチーズをまぶした温野菜にした。キャベツ、ニンジン、タマネギ、アスパラ等々。そこにあとでキュウリを添えた。 トマトジュースの脇のカップはコーンスープ。これに食後のデザー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎日3食手作り料理でわが家のコメが底をついた!

 腎臓病のネフローゼと言われて8月から毎日3食手作り料理だ。おかげでわが家のコメが底をついた。  毎年、新米に時期になると大学時代の友が送ってくれる。魚沼産コシヒカリである。食味ランキングで25年以上「特A」の評価を得ている、日本一有名な産地ブランド米である。  友人のおかみさんの弟が、家族や兄弟のために作っているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

看板娘は80過ぎのおばあちゃん!秋葉原の「生駒軒」

 きょうは病院通いだから外食をするほかない。通院の帰りに秋葉原の「生駒軒」に寄った。以前、病院に行った際、偶然立ち寄った「生駒軒」で食べた「すーらーたん」が食べたくなった。  酸辣湯(スーラータン)は、酢の酸味と唐辛子やコショウの辛味と香味を利かせた酸味豊かならーめんだ。  浅草橋の別の店。昼食時とあって若いサラリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こう言う「詐欺まがいの報道」はいただけないね!

 テレビ朝日が自民党総裁選に関する報道でこんな見出しを書いた。  「“総裁選”石破氏不出馬へ 背景に大物議員?」  見出しを見て「誰なのか」とみんな思う。ところが記事の中身はごらんの通りだ。↓ 詳しくはここをクリック https://news.yahoo.co.jp/articles/0f731105410be2cde2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

収穫の秋を迎え、近所の米屋店頭に「新米」ののぼり!

 近所の米屋やスーパーの店頭には早くも「新米」ののぼりが立っていた。収穫の秋を迎えた千葉産のコシヒカリだ。  私はパンやそば、うどん、ラーメン、スパゲティが好きなのでコメは1日1、2食。  ところが、これらには製造過程で大量の塩が使われているとして、腎臓病のネフローゼの治療中は「控えるよう」病院の栄養士から指示があった。「パ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝の食卓の主役に突如、躍り出たキャベツの千切り!

 部屋の窓を開けた途端、爽やかな風がスッと頬を過(よぎ)った。9月13日午前5時12分、部屋の温度計は26度を指していたが、スマホの当地の気温は21度。外気が涼しいわけだ。  さーて、顔でも洗って、朝食の支度に取り掛かることにするか。ただ今制限食なので、こうして毎朝、昼、晩と手作り料理である。医者から腎臓病のネフローゼと言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大き目の皿を持ってすぐ来てくださーい」とスマホ!

 つい今しがた、お昼を食べたばかりだというのに、もう、「晩飯は何にしようか?」と思案する始末。  当分は塩分制限6グラム。外食がダメで、スーパーの出来合いの料理も「いけません」ときたら、自分で作るほかない。ということで、今の私にとって「めしの支度」は大事な仕事だ。  作らないと食べられない。食べないと、死んでしまう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋ときたら「栗ご飯」だ! グーッと腹が催促をする!

 味覚の秋というわけで果物や野菜はいろんなものが登場する。クリもその一つ。秋の季語にもなっているクリ。今回はこれを使って「栗ご飯」としゃれこんだ。  ご案内の通り、私は8月からネフローゼという野暮な腎臓病を患っている。「塩分控えめ」で外食がご法度。コンビニやスーパーの出来合いもダメときた。  仕方がない。自分で作るし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

けさのデザートは「台湾産のパイナップル」と決めた!

 9月11日土曜日の東京地方は朝からどんよりと曇り空。時折、小雨がパラつく野暮な天気。  こういう時は爽やかなポールモーリアの名曲でも聴くのが一番。「恋はみずいろ」「エーゲ海の真珠」などを聴きながら朝食をとった。  生野菜はキャベツの千切りに、タマネギのスライス、トマト、キュウリ、ニンジン、ピーマンなどを皿に盛った。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レンジでチンで、あっという間に温野菜が出来上がり!

 私はパンが大好きで朝食はいつもパンだ。以前は6枚切り1枚だったが、ネフローゼを患ってから「2枚食べろ」と病院が指示。  いつもは紅茶、皿いっぱいに盛ったレタス、トマト、ニンジン、ピーマンなど7種類の生野菜、無脂肪ヨーグルト、ゆで卵。締めのデザートは桃やキウイ、ぶどう、スイカなど季節のフルーツ。ホテル並みの朝めしだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今夜の献立 炊き立てホタテめしに天然ぶりの切り身!

 腎臓病のネフローゼ患者は1日に1回、肉または魚を摂取して下さいと、退院の際、栄養管理士に言われた。  「鳥取」と書いた「ぶりの切り身」が店頭に並んでいたので一切れかった。「天然物」とひと気は目立つ金色のラベルが貼ってあるので「どのくらいするのか?」と思ったら、けっこな値段だった。  食べたいと思ったら頓着せずにカネを出す。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑煮に飽きたころ無性に食べたくなるぜんざい!

寒い時期には「ぜんざい」  陽が落ちると一気に冷え込む。これから2月にかけてが冬本番。  大阪浪速・千日前の法善寺横丁に「夫婦善哉」という老舗のぜんざい屋があった。多分、今でもあるはずだ。  全身が緑の苔に覆われた法善寺の代名詞、水かけ不動さんにお参りしたあと、一膳食べて帰るというわけだ。  久しぶりにぜんざ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more