テーマ:人口

東京の1世帯当たり人数が1・95人とついに2人割れ!

総務省が去年10月1日時点で行った国勢調査によりますと、東京都内では1世帯当たりの人数は1・95人でした。前回 5年前の調査から0・07人減少しました。 2人を下回るのは、101年前の大正9年に国勢調査が始まって以来、初めてです。 1世帯当たりの人数は、昭和35年の調査で初めて3人台となって以降、減少し続け、前回の調査ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少子化進み5年間で日本の人口が約87万人減った!

 総務省は25日、2020年国勢調査の人口速報値を公表した。  20年10月1日時点の外国人を含む日本の総人口は1億2622万6568人で、15年の前回調査から86万8177人(0.7%)減った。  1920年の第1回調査以来初めて減少に転じた前回調査から2回連続で少なくなった。 (以上 日経) ***********…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

産めよ増やせよに方向転換の中国、3人目も容認!

 14億人を超える中国。  銅などの鉱物資源を買い漁り、国際価格を10倍以上に吊り上げ、経済成長が遅い途上国の経済を根底から破壊した。  魚や貝など海洋資源も根こそぎかっさらい、各国と対立を引き起こす。  サンマの記録的不漁は「中国の乱獲」が原因と言われている。  14億の自国民を食わすためには、他国に事など考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

縮む日本、2110年の人口は驚きの4286万人!

 都道府県の中で人口が最も少ない鳥取県は19日、推計人口が54万9925人となり、ついに55万人を切った。鳥取県が正式に発表した。  鳥取県は1988年10月1日に過去最多の61万6371人となった。その後は減り続けている。  性交体験の年齢は年々早まっているが、成人しても子育てを「面倒だ」と嫌い、自由奔放な人生を楽しむ若者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人口わずか702人の音威子府村に迫る危機!

 人口わずか702人の音威子府村に忍び寄る「人的破綻」について北海道新聞が警戒を呼び掛けた。北海道は札幌への一極集中が加速している。しかし、地域崩壊は全国共通の課題である。  音威子府の読み方は「おといねっぷ」。  北海道新聞によると、村の生産年齢人口(15~64歳)は436人。  全員が村以外から来た「村立おといねっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衰退する日本の象徴!増え続けるJRの無人化駅!

 縮む日本を象徴するようだ。北陸だけでなく、大都市を除く日本の至る所で無人化が進むだろう。人口減少は国家の衰退を意味するだけでなく、人々の日常生活に不便を強いることになるのを忘れてはならない。  橋や道路が老朽化しても修理費用に事欠くばかりか、工事を請け負う業者が見当たらないということが頻繁に起きよう。人口減少は駅の無人化に留まら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少子化加速!日本の人口が1年で50万人減った!

人口減少が加速している。 2020年1月1日現在の日本の人口は1億2427万人余りで、11年連続で減少した。 減少数もおよそ50万人と、6年連続で過去最多を更新した。 50万人というと鳥取県全体の人口に近い数字だ。 人口が増えたのは東京、神奈川、沖縄の3つの都県だけ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衝撃!「出生率1・36」すさまじい勢いで縮小する日本!

 出生率1・36  衝撃的な数字だ。日本国家がすさまじい勢いで縮小している。  内閣府は2012年に2060年の人口予測を8674万人とはじいたが、今回明らかになった「1・36」の数字を見ると、政府の予測をはるかに上回るスピードで人口減少が進んでいる。  この調子では2060年には7000万人を割り込むのではないか。地球上か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人口が減って私たちを襲う想定外の恐怖!

2016年02月26日のブログ「半歩前へ」。再録する。  日本の人口は今後減り続け、2060年には9000万人を割り込む。極端に人口が減るとひずみが社会の随所に現れる。  働き手が減るのに比例して税収も減る。税収が見込めなければ橋が腐食し崩れ落ち、水道管が老朽化で破裂しても、修理や交換の費用が捻出できない。技術者も不足し八方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more