テーマ:生活

「うわぁ、冷たい!」「お湯が使えない」どうして?

「うわぁ、冷たい!」「お湯が使えない」「お風呂入れない」 こんな騒動があちこちで起きているという。給湯器が故障して使えないのだ。 壊れたら業者に頼んで修繕すれば済む話だが、それが出来ない。 どうしてか? 部品がないのだ。 原因はコロナの影響。 「遅延の原因は一つではなく複合的なんです。給湯器の組み立て工場自体は国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナが社会を、私たちの日常生活を大きく変えた!

 住宅設備大手のLIXIL(リクシル)は6日、本社を東京都江東区から品川区の賃貸ビルへ移し、オフィス面積を9割減らすと発表した。  新型コロナウイルス禍を背景に在宅勤務が浸透し、決まった場所や時間に縛られる従来の働き方から脱却できると判断した。移転は来年8月を予定し、現在保有する本社ビルは売却する。  (以上共同通信) 詳し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

様変わり! コロナ前の生活状態に戻らないが75%!

 野村総合研究所の「日常生活に関する調査」で、コロナ前の生活状態に戻らないとみている回答者は75%だった。  「オンライン化・デジタル化が浸透した今の生活様式に慣れた」が20%近くあった。  75%の回答者に自由回答の形式で理由を尋ねた。「完全に収束するとは思えないから」が41.1%で最多だった。  次いで、コロナ禍を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一夜にして近くのスーパーの様子が変わった!

 一夜にして近くのスーパーの様子が変わった。客が購入商品のバーコ-ドを読み取る仕掛けを増やしたのだ。  写真の「タテの棒がたくさん並んでいる」のがバーコードの記号。   うまく使えない客は、レジの前で長蛇の列を作って順番待ち。ところが若者たちは、別の場所にある読み取り機の前で、次々購入した商品をかざしてバーコ-ドに読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未着でなく「接種券を受け取れない人」が東京にいる!

 コロナ禍で仕事や住まいを失った人。24日は衣料品の配布や生活相談のほか、認定NPO法人「世界の医療団」(東京港区)も、住まいがないといった理由でワクチン接種券を受け取れない人らの実態調査をしていた。5月に実施した調査では「接種したい」が、3割が接種券を受け取れない状況だった。  住まいがない人らのワクチン接種について、国は各自治…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五輪の東京で食料無料支給に400人が列を作った!

 競技が始まった途端、東京五輪への関心が一気に高まった。  この様子を見て菅義偉と小池百合子は25日、官邸で1時間にわたり会談し、「順調に運んでいるようだ」と安どしたそうだ。  だが、コロナ禍の五輪の煽りを食らい職を失った人や路上に放り出された人が少なくない。  「五輪の陰」について東京新聞が取材した。 ****…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more