五輪後今の4倍の3万人!東京のコロナ自宅療養者!

 五輪が終わるころには、自宅で療養する東京都内の新型コロナ感染者が現在のほぼ4倍の3万人近くになる恐れがあると京都大学の西浦博教授が試算した。

 28日、都内の自宅療養者は7348人となり、第3波のピーク時の人数に近づきつつある。

 西浦教授の試算によると、緊急事態宣言の効果がこのまま出なければオリンピック終了後の8月10日ごろにはベッドが足りず、入院できない人が増えることなどが原因で自宅療養者が3万人近くになるという。

 教授は「過去の波でいうと一番の危機」としたうえで、「オリンピック終了まで新たな対策を立てなければ、医療提供体制は相当厳しくなる」と危機感を示した。(以上 ANNニュース)

"五輪後今の4倍の3万人!東京のコロナ自宅療養者!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。