高齢者の医療負担2倍引き上げ「恩恵」月に30円!

 75歳以上の医療費窓口負担を1割から2割に引き上げる医療制度改革関連法が4日、自民、公明両党などの賛成多数で成立した。

詳しくはここをクリック
https://nordot.app/773403662783610880?c=39546741839462401

 単身では年金を含む年収200万円以上、夫婦世帯は320万円以上が対象。引き上げ時期は2022年度後半からだ。

 現役世代の保険料負担を抑えるのが狙いだが、現役が受ける恩恵は1年間でわずか350円。1カ月に直すと30円程度だ。

 「30円負担が減った」と言って、サラリーマンたちが喜ぶのか? そのために高齢者の医療負担を2倍に増やすというのだ。こんなバカな話があるだろうか?

 年収200万円と言うと、月に16万円そこそこだ。これで家賃を払って、電気、ガス、電話代、NHKの受信料などを引けば、手元にいくら残ると思っているのか?

 私たちの税金から毎年約2億円を出して1人の国会議員を養っている。その上、彼らは議員の特権を利用して、何百万という「口利き料」を手に入れる。人によっては億単位のあぶくゼニを手にしている。

 そんな連中に16万円の生活など分かるわけがない。財務省の言いなりに「文句も言わず、取れるところから搾り取る」そのしわ寄せを高齢者に押し付ける。

 病気になっても、カネがなくて、医者にかかれない高齢者が増えるのではないか?

 今の日本の礎を築いた人たちを「使い捨て」にする自民党政治。 これで政治と言えるのか?

"高齢者の医療負担2倍引き上げ「恩恵」月に30円!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。