家族の世話で「友だちと遊ぶ時間もない」子ども!

 子どもたちがこんな大変な目に遭っていた。

 可哀そうに、みんなと同じように「友だちと遊ぶ時間もない」というではないか。

 この事実をどれだけの大人たちが知っているだろうか?

*******************

 家族の世話や介護をする「ヤングケアラー」と呼ばれる中学生が公立中学2年生の5・7%、17人に1人に上ることが国の調査で分かった。

 内容は、食事の準備や洗濯などの家事、ほかにも、兄弟を保育園に送迎したり、祖父母の介護や見守りをしたり。

 1日に7時間以上を世話に費やしている生徒が1割を超えていた。

 「やりたくてもできないこと」を複数回答で聞いたところ、中学生では

「自分の時間が取れない」

「宿題や勉強の時間が取れない」

「睡眠が十分に取れない」

「友だちと遊べない」

また、
▽「進路の変更を考えざるをえないか、進路を変更した」という生徒が4.1%

▽「学校に行きたくても行けない」と答えた生徒が1.6%だった。

誰にも「相談した経験がない」という生徒が6割を超えた。 (以上 NHK)

関連原稿はここをクリックhttps://mainichi.jp/articles/20210412/k00/00m/040/038000c

"家族の世話で「友だちと遊ぶ時間もない」子ども!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。