コロナ禍で五輪ボランティア辞退続出、宮城で約600人!

 五輪を支える裏方の基盤にヒビ割れが生じている。

 コロナへの不安からボランティアを辞退する者が続出しているのだ。

 中には宮城県のように必要数を割り込むところも出ている。大幅な「定数」割れが生じた。

*******************

 宮城県の県紙、河北新報によると、新型コロナウイルス感染拡大で1年延期となった東京五輪・パラリンピックで、宮城県が確保した約1700人の都市ボランティアのうち、600人近くがコロナへの不安などから参加しない恐れがあることが分かった。  

 当初設定した必要数の1300人を割り込む計算で、県はボランティアの再配置など計画修正を迫られる。

 ボランティアは観光案内などを担う予定で、「参加できない」と答えた5割近くはコロナへの不安を理由に挙げた。

 職場から参加の取りやめを促された例もあるという。受験や転勤など、1年延期による影響もあった。

"コロナ禍で五輪ボランティア辞退続出、宮城で約600人!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。