選挙で「過半数獲得目指せば」国家転覆罪に当たると中国!

 民主活動家の黄之鋒(24)君が中国共産党政権によって濡れ衣を着せられ、罪人に仕立てられた。次は周庭(アグネス・チョウ)さんか?

 どうして、「選挙で議席の過半数獲得などの目標を掲げた」ことが国家政権転覆容疑になるのか?

 こんな理屈の通らないイチャモンは、民主主義国家ではあり得ない。

 中国共産党政権は、香港から民主主義を根絶するのが狙いだ。

 香港を盗聴と密告の「恐怖が支配する暗黒社会」に作り替えようとしている。

**********************
毎日新聞がこう伝えた。

 香港民主派の元立法会(議会)議員や現職の区議ら47人が28日、中国による香港版「治安維持法」である国家安全法(国安法)違反罪で起訴された。

 香港当局は1月、立法会の選挙で議席の過半数獲得などの目標を掲げたとして、この47人を含む55人を国安法の国家政権転覆容疑で逮捕していた。著名な民主活動家の黄之鋒氏(24)=無許可集会扇動罪などで服役中=も起訴された。

"選挙で「過半数獲得目指せば」国家転覆罪に当たると中国!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。