草津の温泉水がコロナを不活性化させる効果と群大教授!

 群馬大学の板橋英之教授は、草津温泉の温泉水に新型コロナウイルスを不活性化させる効果があると発表した。

 板橋教授は草津温泉の代表的な源泉である「湯畑」から湧き出た温泉水を使い、水道水と硫酸水溶液を比較した。

 それぞれ新型コロナを含んだ溶液を添加したところ、水道水を1とした場合、草津温泉の温泉水は1分後に17~93倍、10分後には108~241倍不活性化する効果があったという。

 草津温泉は強酸性で知られるが、同じpHにした硫酸水溶液と比べても大幅に不活性化した。

 原因は不明だが「酸性以外の温泉成分が影響している」(板橋教授)との見方で、今後も研究を続ける。実験結果を踏まえ、草津町では温泉水を手洗いに使う設備を作ったという。 (以上 日経)

********************

 草津町ではさっそく観光客誘致に活用したいと張り切っている。

 果たしてどれほどの効果があるのか? 

 今回の結果だけではまだ分からない、と私は思う。

"草津の温泉水がコロナを不活性化させる効果と群大教授!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。