”山田隠し”で会見拒否は「首相の致命傷になる」と辻元清美!

 菅内閣は、首都圏を除く6つの府県で緊急事態宣言を今月末の28日で解除する。

 感染者の数が減ったとはいえ、去年4月の1回目の宣言解除時と比べ、はるかに多い。コロナの変異株が全国的に確認され感染拡大が心配される。そうした中で菅政府は部分解除に踏み切った。

 菅義偉は26日夜に予定していた会見を突然ドタキャンした。理由はせがれの接待疑惑。追及を恐れて首相としての説明責任を果たさず、逃げ回る姿に批判が高まっている。

 立憲民主党の辻元清美は、「宣言をどう解除していくかという非常に大事なタイミングで、菅総理大臣が記者会見し、国民に真意を伝え注意の呼びかけもしないといけない。会見を取りしきる山田内閣広報官を隠す”山田隠し”のために、会見を開かないのは致命傷になる」と批判した。

"”山田隠し”で会見拒否は「首相の致命傷になる」と辻元清美!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。