菅首相長男が絡む接待疑惑は贈収賄事件に発展の公算!

 菅義偉首相の長男が勤める放送事業会社による総務省幹部の接待問題は贈収賄事件に発展する公算が大きくなった。

 総務省は菅義偉の牙城だ。大臣を務めていた当時、異論をはさんだ局長を人事で報復するなどで官僚を震え上がらせ、完全な影響下に置いた。

 そうした中で発覚した接待疑惑。

 「時の総理の息子」が絡む総務省幹部との度重なる会食接待に世間の関心は強い。

 「検察がどう対処するか」国民はじっと見つめている。

 森友事件の二の舞だけは許さない。

**********************

 市民団体「税金私物化を許さない市民の会」は贈賄容疑で長男を、また、収賄容疑で総務省幹部をそれぞれ東京地検に告発することが共同通信の調べで22日、分かった。

 総務省によると、総務審議官ら計13人の同省職員が会社側から接待を受け、会食件数は延べ39件に上る。  (以上 共同通信)

********************************

 

"菅首相長男が絡む接待疑惑は贈収賄事件に発展の公算!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。