菅首相長男の「接待疑惑」は贈収賄の疑いと若狭弁護士!

 菅義偉首相の長男、正剛が勤める放送事業会社「東北新社」による接待問題で、内閣広報官の山田真貴子は7万4000円の会食接待を受けた。

 23日放送のフジテレビに出演した弁護士の若狭勝は、次のように語った。

 「1回で7万円を超えると、贈収賄犯罪になりうる金額。理屈の上では(山田が)総務審議官をやっている時が、東北新社の子会社の許認可の更新などが問題になっている時期だとすると収賄罪となってもおかしくない」。

 贈収賄事件の疑いは濃厚だが問題は検察だ。今度の接待疑惑は安倍晋三の森友事件と構図がそっくり瓜二つ。だが、森友事件はいまだにウヤムヤにしたまま。

 そんな政権に顔が向いたソンタク検察が、どこまで本気で捜査するか、私は疑っている。

 彼らが胸に付けたバッジに恥じない行動をとれば、惜しみなく拍手を送ることにやぶさかではない。

"菅首相長男の「接待疑惑」は贈収賄の疑いと若狭弁護士!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。