神保哲生さんの質問に圧倒された首相と内閣記者会!

 大阪など7府県に追加の緊急事態宣言を出した首相会見が13日午後7時から開催。内閣記者会の質問は事前提出を求めているので官僚が模範解答を用意する。

 安倍晋三もそうだったが菅義偉も同じ。追加質問を認めないという形を安倍内閣が作ってしまった。これを受け入れた記者側に問題がある。

 そんなわけで内閣記者会とのやり取りは、いわば出来レース。これに対してフリー・ジャーナリストの神保哲生さんが一番最後に指名され、次のように質問した。

 「日本の人口10万人当たりの病床数は世界一。日本は欧米のように1日の感染者が万単位ではないのに医療崩壊が起きている。どこに問題があると思うか?政府や東京都は病院任せにしているが、医療法など法制度を変える考えはないのか?」

 核心を突く鋭い質問に、だらけた記者会見場に一瞬、緊張が走った。

 菅首相が応えた。

 「国と東京都で連絡会議を作って、都で500床確保できた。(欧米とは)医療制度の体系が違うので比較は難しい。必要があれば法改正を行う」

 これでは答えになっていない。「あさってのおととい」のような答弁。しかし、神保さんに追加質問は許さない。「次の日程がありますので、会見はこれで終了」と司会者。

 神保哲生さんがどれほどすごいジャーナリストなのか、についてはここをクリック。  共同通信やNHK、朝日の記者の比ではない。

 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E4%BF%9D%E5%93%B2%E7%94%9F

"神保哲生さんの質問に圧倒された首相と内閣記者会!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。