「クサイ」が習近平の姓だからオミクロン株に決定?

 世界保健機関(WHO)はコロナのオミクロン株を警戒度が最も高い分類の「懸念される変異株(VOC)」に指定した。

 それにもかかわらず伝染病の新型コロナより習近平に重きを置くWHOを今一度見つめ直そう。

 どうしてここまで中国寄りになったのか? 中国シンパとして知られる事務局長のテドロスの判断なのか?

************************

 【ニューヨーク共同】米FOXニュースは27日、新型コロナウイルスの新たな変異株の名前「オミクロン」について、世界保健機関(WHO)が中国への配慮などから原則を曲げて決めたとの見方が出ていると伝えた。

 ギリシャ文字のアルファベット「クサイ」が中国の習近平国家主席の姓である「習」の英語表記「XI」と同じため飛ばされたという。

 変異株はこれまで最初の「アルファ」から12番目の「ミュー」まで確認され、順当なら「ニュー」「クサイ」と続く予定だった。

 対中強硬派で米共和党のコットン上院議員はツイッターで「WHOは公衆衛生より中国共産党の機嫌を気にしている」と批判した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント