絶望に近い小沢一郎の嘆き声を有権者は何と聞く?

小沢一郎がツイートした。

 今回の選挙によって、いわば権力の私物化は承認されたかたち。

 もはや政権与党が好き放題やっても、それにより国民がどんな不利益を被っても止めることはできないし、それを止めようとも思わない人々も多いのが実情。

 最後に政治のレベルを決めるのは国民。多くが腐敗を容認するなら、そういう国になる。 (以上)

********************

 絶望にも近い小沢一郎のこの声を有権者は何と聞く?

 あれだけ、口を酸っぱくして呼びかかたのに、半数近い5000万の有権者が投票をサボった。

 異常である。政治にこれほど無関心な先進国は日本だけ。

 1票入れたい候補がいなければ、白票を投じるべきだ。

 白票が何百万票となれば、政治家は深刻に受け止める。行政もじっとしておれなくなる。

 なぜ、投票所に足を運ばないのか? 

 行きもせず能書きを言う輩に発言の資格などない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント