マスコミ対応が安倍・菅時代から激変した岸田首相!

 岸田首相が就任してマスコミ対応が安倍・菅時代と激変した。官邸の出入りの際などに記者団の質問に答える「ぶら下がり取材」に連日対応している。

 安倍・菅政権では記者の要請に仕方なく応じる形が通例だったが、岸田政権では首相側が取材機会の設定を「逆提案」。積極的なマスコミ対応で「発信力」と「違い」を印象付ける狙いがあるようだ。いいことだ。やっとまともに戻りつつある。

*********************

 「官房長官会見終了後、退邸時に岸田首相がぶら下がりを受ける。午前1時10分から15分ごろになると思う」

 首都圏で最大震度5強を観測する地震が発生してから日付が変わった8日未明、首相周辺から記者団に連絡が届いた。

 2時間前には地震発生を受けて官邸入りした際に取材に応じたばかりで、記者団からの要請はなかったが首相側が取材を「要請」した形だった。

 マスコミ取材に対する首相側の積極姿勢は地震のときだけに限らない。7日夜も記者団から要望がないにもかかわらず、直前に行ったロシアのプーチンとの電話会談について取材を受けた。

 首相のぶら下がりといえば、菅政権ではあらかじめ用意された質問にしか答えなかったり、答弁内容を棒読みしたりし、「発信不足」という批判にもつながった。広報担当の首相秘書官が菅氏に気を使い、記者団の取材要請を断るケースもあった。

 これに対し、岸田政権では首相自身が認める「口下手」を丁寧な対応でカバーしようとする姿が目立つ。

 首相周辺からわざわざ「追加で質問があれば応じる」と提案するほか、ぶら下がりを終了する際に首相が「もういいですか?」と問いかける場面もあった。  (以上 産経)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント