コロナ禍で収入減の中、10月から食品など一斉値上げ!

 10月から一斉に値上げ。コロナ禍で収入が減る中、庶民の懐は厳しくなる一方だ。日刊スポーツが詳しく取材した。

********************

 加工食品は、世界の需要拡大や天候不順による原料価格の上昇を受け、明治はマーガリンの卸価格を最大約13%値上げし、ニチレイフーズは11月に家庭用冷凍食品を4~8%上げる。
 
 味の素AGFの家庭用レギュラーコーヒーの店頭価格は2割上昇する見通しで、和洋菓子も上がりそうだ。

 国が輸入した小麦をメーカーに売り渡す価格は2割弱上昇し、来年1月ごろにはパンやうどんなど小麦製品の価格に反映されそうだ。

 たばこ税増税に伴い、日本たばこ産業(JT)など大手は価格に転嫁する。紙巻きから加熱式まで多くの銘柄が対象で、JTの「セブンスター」(20本入り)は40円アップの600円となる。

 東京ディズニーランドは、混み具合に応じてチケット価格を4段階に分ける。最繁忙期は700円値上げし、大人の1日券は9400円になる。

 また読売によると、牛丼チェーン「松屋」は「牛めし」(並盛り)を税込み320円から全国一律で380円とした。輸入牛肉の価格高騰で3年半ぶりの値上げとなった。

 野菜もさらに値上がりの見込み。北海道の7月の記録的な猛暑と少雨の影響で、ジャガイモとタマネギは10月を通して平年より2割以上高くなる見込みだ。

 ハクサイやレタス、ナスも、9月前半の長雨などで生育が遅れ、10月前半は高値で推移するとみられる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント