東大受験に3度失敗した岸田文雄は政界きっての酒豪!

 大派閥の支持を得て自民党総裁となった岸田文雄。

 学生時代には親族のほとんどが卒業した東大受験に3度も失敗する挫折を味わった。不本意ながら、滑り止めの早稲田大に入学した。

 政界屈指の酒豪として知られ、外相時代にロシアのラブロフとウオッカの飲み比べで一歩も引かなかったと言うツワモノだ。
愛妻家としても知られている。

 総裁選に勝利した29日のツイートでこう言った。

 帰宅すると、妻の裕子がお好み焼きを作ってくれていました。インスタライブで私が、「妻の作ってくれるお好み焼きが大好きです」と言っていたからです。いつも最高に美味しいけど、今日は、一生忘れられない美味しさでした。ありがとう。

 尊敬する人物は、宏池会を創設した地元、広島県出身の池田勇人元首相。宏池会は長らく首相を輩出できなかったが、宮沢喜一以来、約30年ぶりに宰相の座に帰り着いた。

 安倍晋三や森喜朗らが所属する清和会と異なり、宏池会は「保守本流」の名門派閥である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント