真夜中の五輪選手村で酒を飲んだ勢からケンカ騒ぎ!

  辺りが寝静まった真夜中に、東京五輪の選手村で酒を飲んだ勢いからケンカが始まり、けが人が出たと警察に通報。

 われわれ一般市民には「自粛しろ」と言うが、大会組織委は選手村だけは「例外」扱い。

 シドニー大会に出場し、美貌を誇ったドイツのスーザン・ティートケは「選手村ではセックスが常に話題。選手は五輪で体力のピークに達している。競技が終わったら、エネルギーを解放したいと思うもの。次々とパーティーが、それからお酒が出て、セックスが始まる。そのために汗を流す人が人がたくさんいる」と、選手村の「夜の素顔」を告白した。

 それで大会組織委は、コンドームを16万個も選手村に配ったのか? 毎晩こんなドンチャン騒ぎなら、時にはケンカも起きるだろう。

********************

 東京新聞によると、31日午前2時ごろ、東京五輪の選手村の警備関係者から「選手村の敷地内で飲酒して騒いでいる人がいる」と、警視庁月島署に連絡があった。

  騒いでいたのは選手ら複数人とみられるが、署員が駆けつけた時にはそれらしい人たちの姿はなく、騒ぎを聞きつけた関係者数十人が現場に集まっていたという。

 負傷者がいるとの情報もあるが、被害届は出ていない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント