完ぺきに「大政翼賛会」モードに入った危険な自民党!

 衆参に在席する自民党議員は400人近い。その中で、コロナ禍での五輪開催は感染爆発につながる恐れがあるとして「中止すべき」と声を上げる者が1人もいない。

 全員が同じ方向を向いているとすれば恐ろしいことだ。全員が賛成。あれだけ多くに議員がいて、異論が起きないこと自体、危険極まりない。

 自民党は完ぺきに大政翼賛会モードに入った。

*****************

 自民党は4日、東京五輪・パラリンピック大会実施本部と内閣第1部会などの合同会議を党本部で開いた。新型コロナウイルスの感染収束は見通せないが、出席者からは「ワクチン接種を加速し、開催すべきだ」との意見が相次いだ。

 冨岡勉部会長は冒頭のあいさつで「五輪開催は日本の使命だ」と強調。出席者からは「北京冬季五輪を来年に控える中、東京が開催できるところを見せなければならない」「ワクチン接種が進めば国民の安心感も増す」といった声が上がった。

 会合に出席した柴山昌彦幹事長代理は記者団に「五輪の準備が整えば国民も少しずつ理解の度合いが増えてくるのではないか」と語った。

 遠藤利明本部長は「政府や東京都と連携を取り、国民に安心してもらえる取り組みを進めたい」と述べた。(以上 時事通信)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント