ベルサイユの宮殿、ゼニがあれば私も一度泊まりたい!

 夢の宮殿、フランスのベルサイユ宮殿の敷地に初のホテル「ル・グラン・コントロール」が開業したとCNNが伝えた。

 ただし、ここに泊まる客は、一晩に少なくとも1700ユーロ(約22万8000円)を支払う必要がある。

 どうです、アナタも一生一度の思い出として泊ってみてはいかがかな。

 食うものも食わず、行きたいところにも行かずに、預金通帳に並んだ末尾の0の数を眺めて「また増えた」と喜んで、死んでしまえば元も子もない。

 動けなくなって枕もとに10億、100億の札束を積んでも、自分で使えないなら「たたの紙切れ」に過ぎない。私はそう考える。

 働きづめに働いて、人生の楽しみを味わうことなく、寂しく死んで行く。セミの抜け殻だ。それで満足か?

 お金と言うものは、使ってこそ初めて価値がある。

 ゼニがあれば私も泊まりたい。 サマージャンボ宝くじの発売はいつからなのだろう?待ち遠しい。

 10億円当たったらどうしょう! 「ル・グラン・コントロール」を一晩借り切りしても使い切れない。あー、困った。

******************
CNNが伝えた。

 今度の休暇では、王族のような暮らしを楽しんでみては? 世界で最も豪勢を極めた場所の一つであるベルサイユ宮殿で、敷地内では初となるホテル「ル・グラン・コントロール」が開業した。

 旅行者たちはこの宮殿のど真ん中に滞在する機会が得られるものの、宿泊客は一夜を過ごすために少なくとも1700ユーロ(約22万8000円)を支払う必要がある。

 複数のスイートルームを含む14室で構成されるこのホテルは、1681年にさかのぼる歴史的建造物3棟の中にある。

 宿泊客は、オレンジやレモン、ヤシやザクロの木がある「オランジュリー」と呼ばれる有名な庭園施設や、1679年から1682年にかけてスイス人衛兵らが掘削した13ヘクタールもの鑑賞池「スイス人の池」を望む素晴らしい景観が味わえる。

 また、有名シェフのアラン・デュカス氏が指揮を執るホテル内のレストランは、72年にわたりフランスを統治したルイ14世から着想を得たメニューの他、この宮殿のもう一人の有名な住人である王妃マリー・アントワネットに献上されたクラシックなフランス料理やアフタヌーンティーを提供する。

詳しくはここをクリック
https://www.cnn.co.jp/travel/35171755.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント