日本、台湾に続きベトナムへもワクチン提供の方針!

 日本政府は4日、台湾へのワクチン無償提供に続き、ベトナム側からの要請を受け、ワクチン提供する考えだ。

 一方、コロナ感染が拡大する中、ベトナム政府は中国国有の製薬会社シノファームのワクチンの緊急使用を承認したと4日、発表。

 ベトナム政府は、英国の製薬会社アストラゼネカなどが開発したワクチンや、ロシアが開発した「スプートニクV」の緊急使用を承認していたが、中国製のワクチンの承認は今回が初めて。

 ベトナムは、ASEAN(東南アジア諸国連合)の中で、唯一中国からワクチンを調達しなかったが、感染拡大で調達先を広げるために中国製の緊急使用の承認に踏み切った。  (以上 NHK)

*********************

 日本がもっと早くワクチンを供給していたらベトナムは中国製など輸入することはなかった。

 共産中国はベトナム沖で岩礁を次々、埋め立て軍事基地を構築。

 そんな侵略国家からの輸入は苦渋の末の選択だったのではないか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント