タワマンに住み高級外車乗り回した給付金詐欺の官僚!

 コロナ対策の国の家賃支援給付金をだまし取ったキャリア官僚2人が警視庁に詐欺の疑いで逮捕された事件は社会に衝撃を与えた。

 捕まった桜井真(28)と新井雄太郎(28)の「接点」は、10年以上前にさかのぼる。神奈川の私立高で同級生となり、共に慶応大に進学。その後、新井は中退して東京大に入学し直したが、関係性は続いた。

 2人が勤務していた経産省の経済産業政策局は政府の成長戦略の取りまとめ役を担う「司令塔」とされる。だが「裏」の顔ものぞかせる。

 桜井の自宅は千代田区一番町の「超一等地」にあるタワーマンション。家賃が50万円を超える部屋もある。桜井は高級外車も所有していた。

 係長とはいえ、入庁から浅い桜井の年収は限られ、「派手な暮らしぶりだ」「給料より家賃の方が高い」との噂もささやかれた。

 派手な生活を支えるためか、桜井は新井と2人の名前の一部を取るような形で、令和元年11月に「新桜商事」を設立。投資で生活の「運転資金」などを、まかなおうとしたとみられる。

 ただ、設立後も稼働実績はなく、事実上ペーパーカンパニーと化していた。そして、新桜商事は新型コロナ禍にあえぐ中小企業主らに用意された給付金を巻き上げた。

 だまし取った給付金約550万円は、桜井が高級腕時計やブランド品購入、クレジットカードの支払いに充てられていたとみられる。

 捜査関係者もこう漏らす。「悪質がすぎる」 (以上 産経)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント