官僚が火事場泥棒!経産省のキャリアが給付金詐欺!

 給付金はコロナで困窮する中小零細事業者への支援だ。法人の上限が600万円、個人事業主は300万円。その給付金は経産省の外局の中小企業庁が所管している。

 それを、あろうことか経産省の現職キャリア官僚2人がだまし取っていた。官僚が火事場泥棒のようなマネをするとは看過できない。

 驚いたことには2人のうちの1人は、都内でも超一等地、千代田区一番町の高級タワーマンション暮らしだという。

 官僚と言っても28歳の若者の給料は薄給だ。それでどうやって・・・。

****************
毎日新聞が報じた。

 新型コロナの影響で売り上げが減った個人事業主らを対象にする国の「家賃支援給付金」をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は25日、ともに経済産業省経済産業政策局のキャリア官僚で、産業資金課係長の桜井真(28)=東京都千代田区一番町=と、産業組織課職員の新井雄太郎(28)=文京区向丘=の両容疑者を詐欺容疑で逮捕した。

 2人は高校の同級生で、自宅や実家などを実体のないペーパーカンパニーの事務所と偽って給付金を詐取していた。他にも不正受給があるとみて調べる。

 逮捕容疑は2020年12月下旬ごろ、虚偽の建物賃貸借契約書の画像データを添付するなどして家賃支援給付金をオンライン申請し、約550万円をだまし取ったとしている。2課は25日、経産省を家宅捜索した。

 同課によると、2人は19年にペーパーカンパニー「新桜商事」を設立。神奈川県にある桜井容疑者の実家や、新井容疑者の自宅など事務所3カ所で毎月計200万円の家賃がかかると虚偽申請。

 新井容疑者が申請手続きをしたという。詐取金の大半は桜井容疑者のクレジットカードの支払いに充てられ、高級ブランドの腕時計などを購入。桜井容疑者は高級マンションに住み、複数の外車に乗っていたという。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント