五輪開催の可否を問う東京都議選は今月25日が告示!

 間もなく告示となる東京都議選は、多数の国民の声を無視して政府自民党が突き進む五輪開催の可否を問う選挙でもある。

 東京都知事の小池百合子の与党である都民ファーストの会は、開催の場合は「無観客開催」を主張。だが肝心の小池は一言も触れようとしない。

 東京五輪の開催都市の知事がこの期に及んで沈黙するのは、世界に対して失礼ではないか。

 賛否を明確にし、賛成ならどういう形で五輪を開くのか?観客を入れる場合は満席にするのか、それとも10分の一に制限するのかはっきりさせるべきだ。

 小池はギリギリまで都民の反応を伺っているようだが、黙っていないで何か言うべきだ。

 ひょっとして五輪後を想定し、失敗の責任を菅義偉に押し付けようというのか? 

 小池よ、「オマエ」も共犯者であることを忘れたのか?

 東京都議選は6月25日告示、7月4日投開票と決まった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント