入国措置に違反した場合は罰金や最大で禁錮5年!

 決断が早くて、即、実行に移す。このスピード感が国民に安心と安全を保障。  徹底した水際作戦がコロナの感染拡大を未然に防止している。  オーストラリアは台湾、ニュージーランドなどと並んでコロナ対策で「世界の優等生」だ。 *******************  【シドニーAFP時事】インドでの新型コロナウイルス感…
コメント:0

続きを読むread more

これこそ3密!飛び込みの東京五輪最終予選の練習!

 東京で1日、開幕した飛び込みの東京五輪最終予選とテスト大会を兼ねたワールドカップ(W杯)で、競技の合間の練習時間に飛び込み台の上で密集する選手たち。 詳しくはこの写真を。 ここをクリック https://this.kiji.is/761181252491788288?c=39546741839462401  間隔を空け…
コメント:0

続きを読むread more

コロナ禍で「私権制限はやむをえない」と維新の会!

 日本維新の会代表の松井は1日の記者会見で、感染症対策の実効性を高めるためには私権を一定程度制限することもやむをえないとの考えを示した。  この中で松井は「今回の新型コロナの事態を見ると要請だけでは一人一人の行動を止めることは非常に困難だということがはっきりした。私権をある程度制限しないと皆さんが自由に動き回る」と強調した。 …
コメント:0

続きを読むread more

五輪は全滅覚悟で続行したインパール作戦と瓜二つ!

 大阪の病院はどこもコロナ患者で溢れ返り、ベッドが足りず、1万5000人を超える感染者がホテルや自宅待機を強いられている。  コロナ以外のがんや心臓病などの手術は受け入れ中止だという。完全な医療崩壊である。  東京も大阪の後を追うように、日ごとに感染者や重症者数を重ねている。  それでも菅義偉は五輪の聖火リレーを止めず…
コメント:0

続きを読むread more

「転職なき移住」の促進に向けて動き出した日本政府!

 東京への一極集中が問題になり、何度も首都移転の話が持ち上がった。が、中央から離れたくない官僚の強い抵抗に遭い、とん挫している。  一極集中の解消には程遠いが、まずは結構なことだ。人の流れが分散するのは望ましい。 *********************  時事通信によると、政府が東京圏(東京、埼玉、千葉、神奈川4都…
コメント:0

続きを読むread more

この設問では緊急事態「条項」を「宣言」と混同する!

 いきなり、こんな設問をすれば、このような答えが返ってくるのは当然だ。  果たして、調査の回答者の何人が緊急事態「宣言」と緊急事態「条項」の違いを理解していただろうか?  恐らく8、9割の者は違いが分からず、「同じもの」と思っていたのではないか。  共同通信社は、憲法記念日の5月3日を前に憲法に関する郵送方式の世論調査…
コメント:0

続きを読むread more

緊急再録! ナチスと瓜二つの「緊急事態条項」その2

2016年03月21日のブログ「半歩前へ」への投稿だ。緊急再録する。 ナチスの「国家緊急権」と瓜二つの「緊急事態条項」その2 ▼歯止めない独裁体制  ヒトラーは、ワイマール憲法の第48条の「国家緊急権」を悪用。緊急事態に陥った場合に、「大統領は公共の安全と秩序回復のため必要な措置を取ることができる」という条文を悪用した。 …
コメント:0

続きを読むread more

フェークニュースでは済まない。犯罪となる!

 私のこの投稿 共同通信が大変な過ちを犯した! 危険な調査強行! https://kot8asb9070.at.webry.info/202105/article_17.html に対して、  さっそく、「さかいくにこ」と名乗る人物が「共同通信はCIAだからね」と投稿した。私がこうたしなめた。 **********…
コメント:0

続きを読むread more

共同通信が大変な過ちを犯した! 危険な調査強行!

 共同通信社は、憲法記念日の5月3日を前に憲法に関する郵送方式の世論調査結果を実施した。  その結果、コロナ感染症や大規模災害に対応するため、「緊急事態条項」を新設する改憲が「必要だ」とした人が57%、「必要ない」は42%だったという。  いきなり、こんな設問をすれば、このような答えが返ってくるのは当然だ。  回答者の…
コメント:0

続きを読むread more

「雨の日に傘を取り上げる」落語議連の小泉進次郎!

 「晴れの日に傘を貸し、雨の日に傘を取り上げる」とは、肝心な時には何の役にも立たたないという比喩だ。  まさに、後出しジャンケンが得意な小泉進次郎にピッタリ充て図る言葉である。  落語好きを自認するテレビ東京の記者が、力づくで寄席に「休演しろ」と迫る政府と落語について、かなりの時間を割いて伝えた。  彼は言外に政府の圧…
コメント:0

続きを読むread more

やっぱり!海外チームの五輪関係者からコロナ感染者!

それ見たことか、案の定である。 海外チームの五輪関係者からコロナ感染者が出た。 東京五輪の最終予選とテスト大会を兼ねた飛び込みのワールドカップのため来日した海外チームのコーチが空港で行った新型コロナウイルスの検査で陽性と分かった。 飛び込みカップは1日から6日間、日本を含む46の国から男女合わせて225人の選手が参加し…
コメント:0

続きを読むread more

20代の支持率が21%に急落した文在寅に強い焦り!

 韓国の民間世論調査機関「韓国ギャラップ」は30日、文在寅大統領の支持率が29%と初めて3割を切り、過去最低を更新したと発表した。不支持率は60%。  7日のソウル・釜山市長選で与党が惨敗した後、16日に発表された30%がこれまで最低だった。不支持の理由は「不動産政策」が28%とトップで、不動産価格高騰への不満が依然大きいことを示…
コメント:0

続きを読むread more

台湾に軍事挑発を続け緊張を高める習近平中国の狙い!

 習近平中国は日増しに自信を深めている。  台湾に軍事挑発を続け、緊張を高める習近平中国の狙いは何か?  米国に対抗しアジアを制覇することだ。習近平の最終的は狙いは「世界征服」である。  単なる「妄想」として片づけるわけにはいかない。 *******************  時事通信によると、中国は軍事的…
コメント:0

続きを読むread more

速報!  宮城県で震度5強! 津波の心配なし!

 1日午前10時27分ごろ、震度5強の地震があった。 この地震による津波の心配はない。  震源地は宮城県沖で震源の深さは60キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6.6と推定。 各市町村の震度は以下のとおり。 ▼震度5強が、 宮城県石巻市、宮城県大崎市、宮城県涌谷町。 ▼震度5弱が、 青森県階上町、岩…
コメント:0

続きを読むread more

赤っ恥をかいた元受験優等生!「教養」なさがバレた!

 官房長官の加藤勝信は東大卒の受験優等生。27日の記者会見で、緊急事態宣言の発令中に、寄席が営業を続けているとして、「イベントの無観客化、延期に理解と協力をお願いしたい」と語った。  その際、加藤は寄席を「ヨセキ」と発音し、周囲の失笑を買った。  寄席は「ヨセキ」とは読まない。「ヨセ」と読む。これ常識。  偏差値優等生…
コメント:0

続きを読むread more

罵詈雑言浴びせ各国に「挑戦状」をたたきつける中国!

 在日中国大使館が4月29日夜、米国を死に神になぞらえて批判する風刺画を公式ツイッターに投稿し、物議を醸した。  投稿された画像は、米国国旗をまとった死に神が、イラク、リビア、シリアなどと書かれた扉を順番に開け、扉の向こう側から血が流れ出てきている様子が描かれている。  「米国が『民主』を持って来たら、こうなります」というメ…
コメント:0

続きを読むread more

寄席休業!もう自分たちの力ではどうにもならない!

 寄席がついに「休業」を余儀なくした。権力によって押しつぶされたと言っていい。  「娯楽は本当に不要不急なのか?」寄席芸人たちの心境、と題してフリーライターのふじかわ陽子が皆さんに問いかけた。  こうした一文を広く知らせるのも私の役目だ。 以下に転載する。その6 *************************…
コメント:0

続きを読むread more

落語議連の「真の素顔」を知った十一代目桂文治師匠!

 寄席がついに「休業」に追い込まれた。「娯楽は本当に不要不急なのか?」寄席芸人たちの心境、と題してフリーライターのふじかわ陽子が権力に押しつぶされた「落語界」について書いた。  こうした一文を皆さんに知らせるのも私の役目だ。  以下に転載する。その5 ********************** 2021年9月十一代目桂…
コメント:0

続きを読むread more

つらいことを出さないから突然いなくなることもある!

 寄席が「休業」に追い込まれたことについて、フリーライターのふじかわ陽子が書いたインタビュー記事。 以下に転載する。その4 ********************  バイオリン漫談家として寄席で活動されておられるマグナム小林さんは、家に帰ると小学生の娘さんたちの良いお父さん。  コロナ禍以前は一家の大黒柱として家族…
コメント:0

続きを読むread more

休演要請を呑む呑まないの「選択」は認められるべき!

 営業継続から一転、東京の演芸場がついに休業。  「娯楽は本当に不要不急なのか?」寄席芸人たちの心境、と題してフリーライターのふじかわ陽子が書いた。 以下に転載する。その3 ********************  後輩の真打披露興行がコロナの緊急事態宣言で延期になるという報を受け、春風亭伝枝師匠は何を考えておられ…
コメント:0

続きを読むread more

公演中止の判断が正しいかは現時点では分かりません!

 営業継続から一転、寄席がついに休業。  「娯楽は本当に不要不急なのか?」と題してフリーライターのふじかわ陽子が「落語界」について書いた。  こうした一文を皆さんに知らせるのも私の役目だ。 以下に転載する。その2 ******************** 真打披露興行が延期に~笑福亭羽光師匠  お笑い芸人…
コメント:0

続きを読むread more

寄席休業が落語家に「深い傷」を負わせる本当の理由!

 営業継続から一転、東京の演芸場がついに休業 「娯楽は本当に不要不急なのか?」寄席芸人たちの心境、と題してフリーライターのふじかわ陽子が権力に押しつぶされた「落語界」について書いた。文章の行間に「落語への愛着」がにじんでいる。  こうした一文を皆さんに知らせるのも私の役目だ。 以下に転載する。その1 *********…
コメント:0

続きを読むread more

気が狂っているとしか思えない菅義偉首相の言動!

 「コロナの感染者数が高止まりしている。不要不急(の外出)、行楽、帰省を控えていただきたい。国民の皆さんに心からお願い申し上げる」  菅義偉は30日夜、大型連休中のコロナ対策で呼び掛けた。ついでに五輪の聖火リレーの中止をなぜ言わないのか? 沿道の3密をどうして止めないのか?  東京五輪を中止するとなぜ、言えないのか? …
コメント:0

続きを読むread more

韓流ドラマを見た北朝鮮学生ら1万人が警察に自首!

 生まれた土地が南と北と違うだけで、あらゆる自由を束縛されている北朝鮮の若者たち。  華やいだソウルの街角で若いカップルが抱擁したり、レストランで楽しそうに食事をしている動画を目の当たりにしたら脱北したくなる気持ちがよくわかる。  なぜ、同じようにこの世に生まれて、自分たちだけが暗「くて過酷な人生」を強いられるのか、矛盾を感…
コメント:0

続きを読むread more