東京五輪開催に菅義偉以上にこだわているのが習近平!

 IOCのバッハ会長が東京五輪の開催にこだわるのは北京五輪があるからだ。東京五輪の開催の可否をかたずをのんで見守っているのが習近平である。

 中国は2022年2月4日から20日間の日程で北京で冬季五輪を開催する計画。習近平中国は、五輪開催で世界に存在感を示したい考えだ。

 そのために既にIOC関係者には相当な“鼻薬”を利かせているとのうわさが出回っている。五輪関係者への中国製ワクチンの無料接種も申し出た。バッハは歓迎したが、いまだに、どこからも賛同の声はない。

 習近平としては、チベット、ウイグル、香港への人権弾圧に世界から非難の集中砲火を浴びる中、北京五輪で巻き返しを図りたいと考えている。

 予定通り開催するには、東京五輪の開催は必要不可欠の条件。バッハは習近平の意向を受け、北京の代理人として、東京五輪の旗振り役を努めている。

だが、パンデミック(世界的感染爆発)が収まる様子がない中で、思惑通りにことが運ぶかどうかは誰も予測できない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント