ワクチン優先接種で「国賊扱い」されてしまうと選手!

 五輪相の丸川珠代が、コロナ・ワクチン優先接種の対象者は選手約1000人と監督、コーチら約1500人の約2500人と言った。

 これについて、団体競技で東京五輪の代表候補と目されているベテラン選手の1人は「ハッキリ言って、ワクチン接種は受けたくありません。これは多くのアスリートの総意」と言い切り、こう打ち明けて怒りを露にした。

 「ワクチンを受ければ、感染リスクを抑えられることは承知しています。でも仮に強い副反応が出て体調不良に陥れば、大会への影響は避けられません。

 もっと早めに接種ができれば回復に必要な期間も猶予ができたはずですが、接種のスケジュールが余りにも短過ぎ。

 日本は何から何まで決定が遅いから、こんなことになってしまう。

 自分たち選手は『打ったから、もう大丈夫』ではない。万全のコンディションで結果を出さなければいけないことを、IOCや日本政府のお偉方は何も考えてくれていない。
 
 何よりも一体なぜ自分たちアスリートが接種を優先されて国民の人たちや医療従事者の方々が、その“とばっちり”を受けなければならないのか。

 ただでさえ五輪開催が批判される中、接種を受けることになれば自分たちは国賊扱いされてしまう。

 本当にこの東京大会はメチャクチャで、“アスリートファースト”なんて詭弁そのものです」 (以上 JPpress)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント