北京五輪は「ボイコットも選択肢」とプライス報道官!

 【ワシントン共同】米国務省のプライス報道官は6日の記者会見で、中国の人権弾圧を批判し、2022年北京冬季五輪のボイコットも選択肢だとの考えを示した。

 プライス氏は記者会見で、中国の人権侵害や新疆ウイグル自治区での「ジェノサイド(民族大量虐殺)」を挙げた上で「北京五輪は私たちが協議し続ける分野だ」と強調。

 北京五輪への対応が同盟・友好国との「今後の議題の一つだ」とし、「協調した取り組みが米国の利益だけでなく、同盟・友好国の利益にもなる」と語った。  (以上)

******************

 チベットやウイグルの若者に対し、去勢や避妊手術を強制するような国が主催する五輪に参加することは犯罪だ。

 拒否するのが当然。習近平中国についてバイデンは「民主主義と専制主義の戦い」と明言したが至言である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント