霞が関に秘密組織の「飲み会断らないぞ同盟」!

 高額接待に続き、厚生労働省で23人の送別会が発覚した会食問題。

 批判がやまない中、酒席の「情報交換」をやめられない官僚が秘密組織を結成していたことが分かった。

 その名も「飲み会断らないぞ同盟」。かたや国会議員が通う夜の街では、接待気分を満喫できる「エア接待」がブームだという。

 霞が関と永田町に深く根を下ろす会食文化とは―。

 メンバーの証しは大きな獲物を丸のみする蛇、大酒飲みの象徴「うわばみ」だ。これを模したアクセサリーを身分証に付け、首に掛けている。庁舎や議員会館ですれ違う際は、親指と人差し指で小さく杯の形を作るのが同志のサインだ。

 男性がある日の会食を振り返った。「赤坂の裏路地にある、古民家を改装した店。いい日本酒と新鮮な魚をそろえていた」。相手は同世代で、「うちの会社、国の認可を受けたいけど、条件的に厳しくて…」などと業界の話題や苦労話で盛り上がったという。

 だが、同盟には掟おきてがある。まず会食はライングループで報告し、穴場の店や気前のいい会食相手も共有する。将来の次官レースにつながるとともに、情報1件につき1ポイントを加算。50ポイントたまると、国税庁の筋で希少な日本酒かワインがもらえる。

 そして、飲み会を断ると、重大なペナルティーがある。「『霞が関3大パワハラ』と言われる3人の幹部官僚の誰かと、さし飲みを設定される。知り合いが国会待機で1度断ってくらったんだけど、延々3時間も小言を聞かされ、相手の分まで払わされたんだって」  (以上 東京新聞)

******************

 東京新聞が以上のような風刺記事を書いた。話はまだまだ続く。
続きはここをクリック
https://www.tokyo-np.co.jp/article/95097

 お忘れか? 今日は4月1日。 東京新聞の、粋な遊び心に座布団3枚だ!

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント