「まん延防止等重点措置」の適用はギャンブル!

外務官僚の大御所、田中均がツイートした。

 これは「気の緩み」なのか、「政治の思惑」なのか。

 厚労官僚による多人数深夜宴会、多数の菅首相支援国会議員の官邸会合。

 一方では感染再拡大の中「総選挙」が党幹部により平然と語られる。

 人々の健康を犠牲にする五輪はありえないのが原則のはずが、感染再拡大の中聖火リレー進む違和感は大きい。  (以上)

******************

 大阪市など6市への「まん延防止等重点措置」の適用について、政府関係者は「今回の適用はギャンブルに近い」とコロナ対策への効果を疑問視した。

 ギャンブルで国民の命をもてあそばれてはたまらない。

 こう言う発言が出ること自体、菅義偉政権の無策ぶりを著している。

 それもこれも、もとはと言えば、安倍晋三のバカが始まりだ。去年のことを思い出せばすぐ分かる。

 国民の安全より五輪開催や習近平の来日を優先したバカのツケが、今、大きくなって国民に回ってきた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント