効かないと分かっている薬をもらってどうするつもりか?

大阪や兵庫、さらには東京でコロナ対策に「まん延防止等重点措置」がほとんど効果ないことが分かった。

それにも拘らず、埼玉、千葉、神奈川の3県は政府に「まん延防止等重点措置」を要請、20日からスタートした。

効かないと分かっている薬をもらってどうするつもりか?

そんな遠回りをしている間に、変異株による感染爆発が起き、後の祭りにならないか?

私なら「まん延防止等重点措置」をパスして、緊急事態宣言第3弾に手を付ける。

ただし、時短は意味ない。午後9時を8時に切り上げたため、飲み屋は夕方5時ごろから混み合っているという。

なんのこっちっやー。

今やるべきは、人の流れを止めることである。

英国やフランスのようにロックダウン(都市封鎖)するのがいい。

政府は「日本には該当する法律がない」と言いながら、なければ新たに作ればいいがやろうとしない。こういうことなら野党も反対しないだろう。

実はなくても、やる気になればやれた。ハイジャック事件が起きた時、当時の福田赳夫内閣は「超法規措置」を講じて人命救出に当たった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント