「差別を助長している日本のメディア」とリテラ批判!

 DHCの吉田嘉明によるヘイト発言を問題にしない電波メディアや新聞を、リテラが「それこそが問題だ」と鋭い批判を浴びせた。以下に要点を転載する。

*****************

 コラムニストの小田嶋隆がツイッターでこう指摘した。

 DHCの問題は単に「差別を拡散する企業が実在する」だけの話ではない。そういう企業がテレビで番組を持ち、CMを打ち、有名タレントを起用。

 さらにコンビニに(商品陳列の)棚を確保し、新聞に広告を掲載することを許している「この国の現状こそが問題」だ。カネさえ払えば何をやってもいいのか?

 日本のマスコミがきちんと批判しないため、こうした企業がどんなヒドい差別発言をしても、本格的に責任を追及されず、「ネット上のちょっとした騒ぎ」で終わってしまう。

 その結果、彼らは自分たちを正当化し、さらにヘイトをエスカレートさせている。

 そういう意味では、DHC会長の吉田嘉明による一連のヘイトデマ、差別的妄想は、広告料に目が眩んで批判を放棄したマスコミにも責任があるといっていい。

 それはヘイト企業にお墨付きを与え、差別に加担することとイコールだからである。

リテラの「それでもマスコミは批判せず」の記事はここをクリック
https://lite-ra.com/2021/04/post-5850.html

関連原稿はここをクリック
ヘイト攻撃を続ける化粧品会社DHC会長の吉田嘉明!
https://kot8asb9070.at.webry.info/202104/article_171.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント