150万人超える地域にワクチン3900回分?

新型コロナウイルスのコロナ・ワクチンが12日から65歳以上の高齢者3600万人を対象に接種が行われる。

初日は東京 世田谷区や大阪 松原市など、全国の120か所で実施する予定だ。

11日までに都道府県に配送されたワクチンは東京、神奈川、大阪がそれぞれ3900回分。

そのほかの道府県が1950回分ずつで、厚労省は6月中には対象の高齢者全員が2回接種できる量を配送する見通しだという。

東京の3900回分は、人口93万9000人の世田谷区と、57万7000人の八王子に配布する。

150万人を超える地域に3900回分では、あまりに少なすぎるのではないか。

話にならない。せめて10万回分は配るべきではないか。

菅義偉が高齢者接種は4月中実施を公約したので、アリバイつくりに始まった。形だけのスタートである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント