「スガ、ウソつかない」と言いたかったのか?

 今なら差別発言として問題になる「インディアン、ウソつかない」のCM。

 「スガ、ウソつかない」と言いたかったのか?

 菅義偉のあの一言が災いし、医療現場に大混乱を招いている。

 医療従事者480万人の後で実施するハズだった高齢者にワクチン接種である。

*******************
日刊ゲンダイがこう伝えた。

 医療現場が頭を抱えている。本来、医療従事者が接種を終えてから高齢者接種に移行するはずだったのに、並行することになったからだ。ある医療関係者が言う。

 「高齢者への接種は感染リスクの高い医療従事者への接種を終えてからでもよかったのに、菅首相が『高齢者の接種を4月中にスタートする』と宣言したために、並行接種になってしまった。

 さすがにムリがあります。自分自身、本来、4月に接種できるはずだったのに、高齢者分に回ったためか、“弾切れ”となり、いつ接種できるか分からなくなりました」

 コロナ病棟で働く医療従事者からは、接種を後回しにされる不安が噴出している。高齢者接種が目前に迫っているのに、課題は山積みだ。

 こんな調子では、政府がいくら「皮算用」をしたところで一般接種が年内に始まるかどうかすら怪しい。

 実際、共同通信の調査によると、都道府県庁がある47市区の7割が65歳未満の接種時期を見通せていないという。 (以上)

*******************

 皆さんは、医療従事者480万人のうち何人がワクチン接種を済ませたか知っているか?

 驚くなかれ、8日現在で、いまだに100万人に程遠い状態だ。400万人を超える医療従事者が不安を抱えてコロナの治療に当たっている。

 こんなことでいいのか?

 政権の「やってる感」を見せるために、現場が犠牲になっている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント