スエズ運河をせき止めた大型コンテナ船が離礁に成功!

 スエズ運河で座礁した大型コンテナ船「エバーギブン」(全長400メートル、幅59メートル)が29日、立ち往生してから7日目で離礁に成功した。

 運河を管理するスエズ運河庁が明らかにした。潮位が2メートルに達した満潮時を狙い、大型タグ船も投入した作業が奏功した。海上交通の要衝である運河は約1週間にわたり通航が中断されたが、近く再開されるめどが立った。

 コンテナ船は愛媛県今治市の正栄汽船が所有し、台湾の長栄海運が運航していた。

 強烈な砂嵐に見舞われ、船首が岸に接触して土砂にめり込み、動けなくなっていた。

 当局や海難救助チームは、船の移動を妨げていた船首周囲の大量の砂や泥を除去。

 総トン数22万トンに達する世界最大級のコンテナ船であるため、積み荷や船体の重量が影響して離礁は難航を極めた。 (以上 時事通信)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント