武漢のコロナ感染者は76万人と中国の専門家!

 世界で最初に新型コロナの感染者が確認された中国・武漢で、感染者の数が約76万人にのぼっていた可能性があるとの推計結果が発表された。

 これは武漢の疾病対策センターなどの専門家が英国の医学誌「ランセット」に掲載した。(以上 TBS) 

*********************

 2020年2月に武漢市をロックダウン(都市封鎖)した中国当局は数か月後、武漢でのコロナ闘争は完全に勝利したと高らかに宣言した際、当地での感染者は4、5000人と言っていた。

 そんなはずはない。現地から送られる生の映像は病院の廊下に白いシーツでくるまれた死体が列を作っていた。

 別の映像では夜陰に乗じて仮設テントから死体が次々にくるまに運び出された。

 白昼スマホで撮影したとみられる動画は、道の至る所に死体が転がっていた。

 ここから推定しても、とても感染者が4000人や5000人ではないことが分かった。当時、武漢の感染者は200万にを超えたと言われ、死者も数十万人と言われていた。

 死因も単なる風邪や肺炎、ゼンソク、心不全、心臓疾患など「ほかの病名を付けられ」て、遺体が家族に引き渡されたと若手中国人ジャーナリストが伝えていた。

 このように「武漢から真実を伝えていた」勇気ある中国人ジャーナリストたちは、その後、当局に拘束され次々、姿を消した。闇に葬られたのではないか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント