怖いコロナの後遺症!呼吸困難に嗅覚障害、脱毛!

 新型コロナウイルスの感染者が増加するにつれ、後遺症を訴える人が増えている。軽症で回復した人でも、後遺症に悩まされるケースは少なくない。

 咳や呼吸困難などの呼吸機能障害をはじめ、倦怠感、頭痛、動悸、嗅覚・味覚障害、脱毛など症状は多岐にわたる。

 中でも、軽視できないのが不安や抑うつ状態といった精神症状だ。

 中等症~軽症のコロナ患者を受け入れている江戸川病院の加藤正二郎院長が言う。

 「後遺症は主に3つに大別。炎症によって肺や嗅覚・味覚が障害されるケース、感染で生じた血管炎が要因でさまざまな症状が表れるケース、そして、メンタル不調を来すケースです。

 感染症から回復後、外来で『まったくやる気が起きない』『また感染してしまうのではないかと怖くて仕方がない』『不安で眠れない』『何も食べたくない』といった精神的な不調を訴えるケースを経験しています」

 英オックスフォード大学でも、コロナ感染者は、不安障害、うつ病、不眠症といった精神疾患の発症リスクを高めることが確認された。

 6万2000人のコロナ感染者を含む米国人6900万人の健康記録を調査したところ、感染後に不安症、うつ病、不眠症だと診断される人が17人に1人の割合に上った。

 現状ではコロナ後遺症に対する治療法は確立されていないが、不安や抑うつ症状がある患者に対しては少量の抗うつ薬や漢方薬が使われたり、血流に問題があると考えられるケースでは抗凝固療法が試みられているという。 (以上 日刊ゲンダイ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント