東京五輪がまた、差別問題で世界に新たな話題提供!

 開幕まであと4か月。週刊文春が東京五輪にダメ押しのとどめを刺した。差別発言で世論からクビを切られた森喜朗の強い後押しで、開会式の演出を指揮する「総合統括」となった佐々木宏が「差別演出」を試みた。

 人を「体形」や「容姿」の良しあしなど外見で差別・選別するのは絶対にやってはならない。これは世界の常識だ。だが、佐々木宏はオリンピックで、それをやろうとした。

 さすがにこれには東京五輪の組織委の中からも「めまいがするほどショックを受けた」との声が上がった。週刊文春がこの事実をかぎつけ記事にした。

 本人は慌てて辞任を表明したが後の祭り。

 東京五輪がまた、差別問題で世界に新たな話題を提供した。

 佐々木宏は電通出身のCMクリエイターで、先のリオ五輪でアベマリオを演出した森喜朗のお気に入り。

 周りをバカにして笑いを取るなど、これまでも素っ頓狂なCMで名を売ったそうだ。「人権問題などに最も遠い存在」だったとは業界通の話。

 素っ頓狂な森喜朗が「電通つながり」で素っ頓狂な佐々木を五輪組織委に押し込んだ。

 しかし、佐々木が、開会式の演出を指揮する「総合統括」となったことで、「あの男とはやりたくない」と有能なスタッフが次々、組織委から去っていったそうだ。

********************
週刊文春の特ダネ。

 「渡辺直美をブタ=オリンピッグに」東京五輪開会式「責任者」が差別的演出プラン

はここをクリック
https://news.yahoo.co.jp/articles/62dcc1bb0619a3eb8b7db254f31526b57bafa33f

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント