強権強めるミャンマー国軍!主要5メディアの免許剥奪!

 欧米から批判を受けながら、ミャンマー国軍の市民への弾圧は一向に止む気配がない。国連安保理の非難決議が中国とロシアの反対でとん挫してことで返って自信を深めた。中国とロシアが国軍の無差別攻撃を後押しする形だ。

**********************

 NHKによると、ミャンマー軍は8日夜、国営テレビを通じて国内の5つの主要なメディアの免許を剥奪すると発表しました。

 これらのメディアはクーデターのあと全権を掌握した軍のもと、国営メディアとは一線を画す形で主にインターネット上で抗議活動の状況を連日、発信していました。

 ミャンマーでは、8日もクーデターに抗議するため全国一斉のストライキが呼びかけられ、各地でデモが続きましたが、地元メディアによりますと、治安部隊の発砲でデモの参加者3人が死亡したということです。

 また治安部隊は、抗議する人たちの自宅などを捜索して身柄を拘束していて、6日にはアウン・サン・スー・チー氏が率いる政党に所属する男性が拘束の際に、激しい暴力を受けて死亡したと伝えられています。

 今回、免許が剥奪されたメディアはこうした状況を報じてきましたが、国営テレビによりますと、今後はいかなる手段でもニュースを発信できなくなるということです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント