韓国の次期大統領選でトップを走る前検察総長!

 9日で韓国の次期大統領選まで1年となり、出馬に備える有力候補者たちが動き始めた。検察総長を辞任した尹錫悦(ユン・ソクヨル)氏は、8日公表の世論調査で最も支持を集めた。

 革新は京畿道知事の李在明(イ・ジェミョン)氏の人気が高い。与野党の候補者選びには4月のソウル市長選の行方も影響を与えそうだ。

 韓国メディアは8日、次期大統領にふさわしい人物を問う世論調査で、前検察総長の尹氏がトップに躍り出たと一斉に報じた。中道や保守の支持を集めた。尹氏への支持は32%で、これまで独走していた京畿道の李知事(24%)を初めて逆転した。

 尹氏は検察改革を進める文在寅(ムン・ジェイン)政権と対立し、5日に検察総長を辞任したばかり。自身は大統領選を巡る去就に一切言及していないが、「反・文在寅」を掲げる中道や保守勢力の期待を集めている。

 2020年4月の総選挙で惨敗した保守には有力候補が見当たらない。最大野党「国民の力」は、済州道の元喜龍(ウォン・ヒリョン)知事が出馬を宣言したが、伸び悩んでいる。このため尹氏の去就は、中道を巻き込んだ保守の政党再編に発展するとの見方が強い。

 一方、革新系支持層の人気を集める京畿道の李知事は、新型コロナウイルス対応で評価を高めた人物だ。政府に先立って独自の支援金を住民に配ったり、歯切れのいい言動で若年層の支持を引き寄せた。 (以上 日経)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント