南シナ海での自衛隊飛行に「無断通過」と抗議した中国!

 共同通信によると、海上自衛隊のP3C哨戒機2機が2018年8月、南シナ海でフィリピンの排他的経済水域(EEZ)内にあるミスチーフ礁付近の上空を飛行。

 同地域で主権を主張する中国が、「無断で通過した」と日本に抗議していたことが25日、分かった。日本は「飛行の自由の制約」だと反論した。複数の日本政府関係者が明らかにした。

 日本は中国による南シナ海での一方的な主権主張を認めず飛行の自由を貫く構えで、P3Cは過去3年間で複数回、ミスチーフ礁の近くを飛行した。 (以上)

************************

 他国の領域に勝手に線引きをして「ここはオレの縄張りだから出ていけ」と好きなことを言う共産中国。そんなものは世界が認めていない。

 前世紀のへその緒を引きずる習近平は21世紀のこの時代に、覇権の野望を捨てていない。

 こうした習近平のやり方に警戒感を持つ欧米各国は、航海の往来の自由を守るために結束を強化する構えだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント