韓国軍が38度線で繰り広げた前代未聞の大失態!

 北朝鮮と対峙する38度線(軍事境界線)付近には、韓国軍の精鋭部隊が配置されていると思っていたが、ひとり合点だった。

 極端な北朝鮮寄りの政策を主導する文在寅政権になって以来、韓国軍はガタガタになった。よりによって「8回も見落とす」など、あり得ないことである。前代未聞の不祥事だ。

 監視カメラに8回男の姿、鳴り響く警報音?知らないに、朝鮮日報など韓国の有力メディアは一斉に文在寅政権を非難した。

*******************
NHKが伝えた。

 韓国北東部で今月、北朝鮮との境界を越えて脱北した男性の身柄が確保されましたが、その際、韓国軍はおよそ3時間で合わせて8回、男性の姿を監視カメラなどで捉えていたのに見落としていたことが明らかになり、韓国メディアは軍の警戒態勢がずさんだと批判しています。

 韓国北東部カンウォン(江原)道の北朝鮮との軍事境界線の近くで今月16日、20代の男性の身柄が確保され、韓国軍は男性が脱北する目的で潜水服を着て泳いできたとみて調べています。

 韓国軍は23日、当時の状況を調査した結果を発表し、それによりますと、韓国側に入った男性の姿は、軍の監視カメラなどによって午前1時ごろからおよそ3時間にわたって合わせて8回捉えられ、モニター室では警報音も鳴ったということですが、いずれも見落としていたということです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント