接待疑惑で傷口広がる総務省!幹部11人が懲戒処分の対象!

 首相の長男・菅正剛が絡む接待疑惑は広がる一方だ。接待を受けた総務省の幹部はこれまでの4人に加え、新たに7人が判明した。

 もてなしを受けた11人は「東北新社が利害関係者にあたるとは思わなかった」と口をそろえて供述。総務省の関係者で東北新社が衛星放送に関する大手企業だと知らない者はいない。

 そこの「おごり」で飲み食いしながら、仕事とは無関係と言っても誰も信じない。しかも招待側の主役は「時の総理の長男」だ。どんな便宜が図られたのかは、これから明らかになるだろう。下手なウソは付かないほうがいい。

*********************

 総務省の幹部と衛星放送関連会社「東北新社」に勤める菅首相の長男らとの会食をめぐり、総務省は合わせて11人の職員が、倫理規程に違反する接待などを受けていたとする調査結果を発表した。

 谷脇 総務審議官、吉田 総務審議官、秋本 前情報流通行政局長、湯本 前審議官の4人に、内閣官房の奈良 内閣審議官ら7人を加えた合わせて11人の職員が、国家公務員の倫理規程に違反する接待を受けていた。

 会食は、2016年から去年までの5年間に合わせて延べ37件行われ、総額52万6000円余りにのぼった。

 11人はいずれも調べに対し「会食当時、東北新社が利害関係者にあたるとは思わなかった」と語った。  

 総務省は24日、人事院の国家公務員倫理審査会に報告書を提出し、審査会の承認が得られれば、その日のうちに11人を懲戒処分などにする。 (以上 NHK)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント