衝撃の証言!完全隔離の五輪選手村はセックス解放区!

 オリンピックは「下半身の戦い」も熱い。五輪選手村は完全に隔離され、家族や恋人も入れないため、フリーセックス状態となるからだと日刊ゲンダイが報じた。

 確かに五輪選手村は「関係者以外は立ち入り禁止」の解放区だ。中で何が行われているかは知る由もない。米国の女子サッカー代表だったホープ・ソロ選手(当時31)が、2012年ロンドン五輪の時にこう証言している。

***********************

 「選手村って、世界中から人が集まるでしょ。異種競技の選手なら二度と会うこともない。だから開放的になって、欲望が抑えられなくなっちゃうのよ。芝生の上とか、建物の陰とかでやっている選手もいるわ。オリンピックって世界一ふしだらな祭典よ」

 そのため選手村ではコンドームが無料配布されるが、2016年リオ五輪ではなんと45万個が配布された。

 参加選手は約1万1000人のため1人当たり約40個。五輪期間は17日だったので、1人1日で2個以上も使用したという計算になる。

 ところで、開催が危ぶまれる東京五輪だが、開かれたとしても選手村では“セックス禁止”と英紙「ザ・サン」などが報道している。

 コロナ感染防止のため、「濃密接触を禁止する」とIOCが発表したからだ。規則を破った選手は退去させられる可能性もあるという。 (以上 日刊ゲンダイ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント