川淵三郎は「極右に近い」人物とルモンドが速報!

 森喜朗から川淵三郎への組織委会長のバトンタッチについてフランスのルモンド紙は東京特派員発の記事で報じた。

 当初、菅義偉首相や経団連のトップは森氏に辞任を求めなかったが、世論の批判が五輪のスポンサー企業に向けられたことで追い込まれたと指摘した。

 また、森氏の後任として名前が挙がった川淵三郎氏について「極右に近い立場を取ることで知られている」と解説した。 (以上 毎日新聞)

********************

 フランスの一流紙だけのことはある。報道する前に川淵三郎について細かな取材を終えている。

 「極右に近い」というのはその通り。

 川淵三郎は、安倍晋三シンパの極右作家が書いた書籍を最高傑作と褒め称えた男である。

 国粋主義者の森喜朗は「報道は神の国」と発言したことで世界に知られている。

「類は友を呼ぶ」森喜朗と川淵三郎は同根だ。だから安心して後継を託した。

関連原稿はここをクリック
川淵三郎は百田尚樹の大ファン、あの日本国紀を激賞!
https://kot8asb9070.at.webry.info/202102/article_121.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント