感染拡大後に「入口の戸」を閉めても手遅れ!

朝日新聞が23、24日に実施した世論調査。

2度目の緊急事態宣言に「遅すぎた」が80%で、「適切だ」は16%だった。 (以上)

*****************

菅義偉は自民党幹事長の二階俊博の顔ばかり見てGoToトラベルの中止を先延ばしにした。中国など11の国と地域からの入国停止も、顔色伺いで大幅に遅れた。

感染拡大後に「入口の戸」を閉めても手遅れだ。

菅義偉は二階の顔を見るのではなく、国民の側に目を向けるべきだ。

自民党の中からも不満の声が上がり始めた。内閣支持率の低下にさらに拍車がかかろう。

過去の例からすると、内閣支持率と自民党支持率の合計が50%を割り込むと内閣の“倒産”が近い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント