中国が少数民族「大量虐殺」の可能性と米議会!

 [ワシントン 14日 ロイター] 中国問題に関する米連邦議会の行政府委員会は14日公表した報告書で、中国が新疆ウイグル自治区でウイグル族などイスラム教徒の少数民族に対し「民族大量虐殺」を犯した可能性があるとの見解を示した。

 同自治区で「非人道的犯罪、民族大量虐殺が発生している」という新たな証拠が過去1年間に示されたとしている。

 また、中国が米国でウイグル族への嫌がらせ行為をしているとも非難した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント