復興順調と考える人宮城は80%、福島30%!

 東日本大震災やフクイチ(東電福島第一原発)で被災した岩手、宮城、福島各県100人ずつ計300人に共同通信が実施したアンケートで、故郷の復興を順調だと考える人が福島では30%にとどまることが31日、分かった。

 一方、宮城は80%、岩手は66%が順調だと答え、地域差が目立つ。2021年3月で発生10年を迎えるが、原発事故からの復興の実感が乏しい現状が浮き彫りとなった。 (以上 共同通信)

****************

 80%も順調だと思っている宮城。本当かな? 復興が順調なのはゼネコン業者や下請けなど工事関係者や行政の出張所が集まり復興特需に沸いた仙台周辺だけではないのか?

 三陸沿岸でも80%の者が順調に復興が進んでいると思っているのだろうか? 人口は半分どころか、元の3分の一にも満たない地域がいくらもある。

 第一、調査人数が少なすぎる。最低でも10倍の1000人単位でないと正確なデータは取れない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント