食った、飲んだ!麻生太郎が1年に2000万円超浪費!

 派閥の親分たちは相変わらず私たちの税金で、うまいものを食っている。中でもダントツなのが麻生太郎だ。

 去年1年間で、ホテルオークラをはじめ銀座や赤坂、六本木、麻布などで飲み食いしたカネが2000万円を超えていた。

 これではコロナ禍で仕事や住む家を失った人たちの気持ちなど分かるわけがない。

 ちなみに、麻生に負けず劣らず、連日連夜、豪華な食事に舌鼓を売っている安倍晋三は、形式的には派閥のボスではないので調査対象から除外してある。

*****************
時事通信が次のように報道した。(敬称略)

 2019年の政治資金収支報告書で自民党7派閥領袖の会食費用を比較したところ、麻生太郎が2099万円で突出。岸田文雄が978万円、石原伸晃が648万円と続いた。

 会食費用は、それぞれの「国会議員関係政治団体」の報告書から、「組織活動費」として計上された交際費や会合費、渉外費を集計した。

 麻生は152件。最高額は167万円で、19年7月31日にホテルオークラ(東京・虎ノ門)で支出した。

 ホテルオークラはこれを含め24件計790万円、帝国ホテル(東京・内幸町)は14件計339万円の記載があった。

 首相在任中に高級ホテル通いを野党に批判されたが、ライフスタイルは変わっていないようだ。

 最少は二階俊博。政財界関係者と連日会食を重ねているが、記載は41万円のみ。

 政治団体と別に、二階個人に党から「政策活動費」として10億700万円が提供されており、こうした資金を会食費用に充てていた可能性がある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント